美白施術ガイド|美しい肌を手に入れる方法

シミを取るクリーム

頬を触る女性

軟膏でシミ治療

美容皮膚科などでシミ治療をすると出してもらえるのが「ハイドロキノン軟膏」です。ハイドロキノンは、シミが出来ないようにする働きがある成分です。市販の美白クリームでもハイドロキノンを配合しているものがありますが、低濃度なので効果がない場合もあります。しかし、クリニックでシミ治療をすれば、市販の美白クリームよりも高濃度なハイドロキノン配合のクリームが手に入ります。ハイドロキノン軟膏はシミ予備軍が表面に出てくる前にやっつけることができる美白クリームです。メラニン細胞がメラニンを作るのを予防することができます。つまり、シミができる前の段階に効果があるクリームです。できてしまったシミを消すのに有効なのが、「トレチノイン軟膏」です。トレチノイン軟膏の場合、出来てしまったメラニンを取り除くことができます。基本的にハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏を併用して使用するのが一般的です。ハイドロキノンを塗って、その上からトレチノイン軟膏を塗ることで、強烈なシミ取り効果があります。

注意すること

ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏は、とても強力に細胞に働きかける性質があります。そのため、間違った使い方をすると、シミが余計悪化することがあります。ハイドロキノン軟膏は刺激性が強いため、アメリカでは医師の処方箋がないと購入できないほどです。日本では厚生労働省が認可しているので、ハイドロキノンを5%程度まで配合した美白クリームが売られています。たった5%でも、使い方を間違えると皮膚のダメージに繋がってしまうことがあるので要注意です。ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏を塗ると皮膚の皮が剥がれてくることがあります。皮が剥がれたら使用を中止して、治らない場合は医師に診てもらう必要があります。皮が剥がれたままにしておくとそれが原因で跡が残ることがあります。また、ハイドロキノンとトレチノインを使っているときに特に注意しなければならないのが紫外線です。紫外線を浴びるとシミが濃くなるリスクが高まります。日中はしっかり日焼け止めを塗って、紫外線をガードすることが重要です。